協会について

当協会の沿革

当協会は、昭和39年(1964年)10月に設立され、今年で創立48年になります。

昭和32年12月 国立大学保健管理協議会が発足、第1回協議会を京都大学で開催、以下東京大学、北海道大学、岡山大学、東北大学の順に開催。
昭和38年11月 奈良女子大学で第6回協議会を開催の際、公・私立大学の参加を得て、第1回全国大学保健管理研究集会を並列開催。
昭和39年10月 設立世話人会、発起人会を経て、社団法人全国大学保健管理協会設立。認可第1回理事会及び総会、第2回全国大学保健管理研究集会を長崎大学で開催。
昭和40年3月協会「会誌」第1号創刊。
平成7年3月〜協会「会誌」を「CAMPUS HEALTH」と改称。
平成10年度〜 従来の「全国研究集会報告書」を『CAMPUS HEALTH』として通巻とした。
平成13年度〜従来の「全国研究集会プログラム・抄録集」を『CAMPUS HEALTH』として通巻とした。
平成24年4月 社団法人全国大学保健管理協会を名称変更し、公益社団法人全国大学保健管理協会に移行したことにより設立